「ポイント活動/マインドフルネス/プログラミング」

訪問ありがとうございます。

「超効率的」なマニュアル風入門記事、まとめました。

準備中です!

【必見】Canvaで縁取りテキストを使ってアイキャッチ画像を作ろう!【デザイン】

スマホアプリ

普段からiOS版Canvaにはお世話になっています。

iPhoneアプリの中で、初めてCanvaをインストールした時、使いやすさに呆然としました。「このアプリは他とは違う」そう思わせてくれる風格。無料でここまでイケんのかよ!このアプリがあればスマホでブログ記事執筆を完結することが出来る!と舞い上がったものです。

しかし、そんなアプリ、Canvaにも出来ない事がありました。文字を縁取ること。

その弱み、解決します。

Canvaで縁取り文字を使う方法

まず第一に、Canva単体で縁取り文字を使うことは不可能です。現在は対応していません。

「無料アプリ」Phontoを利用します。

Phonto

評価が異様に高いPhonto

Phonto – iOS AppStore

PhontoはiPhone3GS時代から市民権を得ている、古参中の古参アプリ。評価が高いので信頼できます。写真加工や文字入れ系のアプリは乱立していて、「ダウンロードまで無料」だったり、「課金しないと殆どの機能が使えない」だったりと散々なマーケットになっていますが、こちらのアプリは信頼できます。

Phontoで縁取り文字を作る

Phontoはインストールし終わりましたか?

↓↓↓

透明 画像

↑↑↑

実行可能な状態になりましたら、上の画像を長押し、「イメージを保存」で保存してください。手順上必要になる、透明な画像となります。

ここまで来たら、後はもう簡単。

Phontoを開き、以下の手順で操作してください。

phontoで写真を開く

カメラボタンを選択。

1.画面下、カメラマークから写真アルバムを開き、先程ダウンロードした透明画像を選択。

phontoで縁取り文字をデザイン

写真アルバムを開く。

2.画面の適当な場所をタップし、「文字を追加」を選択。

phontoで文字を入力

「文字を追加」を選択

3.適当なテキストを入力。記事のタイトルなんかが良いでしょう。
phontoで記事サムネイル作成
ここで「フォント」を選択すると、無料でこんなにたくさん使えるのか!っと感動するほどのフォントの量が拝めます。Phontoを作った人は神様か何かなんだろうか。

フォントの量が多すぎる。テンプレートもあるよ

多すぎるフォント。嬉しい。

日本語対応フォントが最初から入っているのも嬉しい!Canvaだと追加ダウンロードって形になってますもんね。おすすめは「ふい字」です。この記事のアイキャッチ画像でも利用しています。

4.先程入力したテキストが画面上に出てきていると思います。いい感じに中央に寄せたら、「スタイル」を選択します。

phontoでスタイルを選択。デザインできる。

「スタイル」を選択。

5.「ストローク」を選択し、文字を好きなようにデザインします!

phontoで文字デザイン

ストローク「幅」で文字枠の太さを選べる。

6. 一通りカスタマイズし終わったら、文字が画面内に収まっていることを確認して、保存!

phontoで保存

画像を保存。何故か共有ボタン。

phontoで保存2

画像をPNGファイルとして保存を選択

この時画像をPNGファイルとして保存を選択してください。通常の保存では背景が透明では無くなりますので。

縁取りタイトル

見事に透明なアイキャッチテキスト

Phontoでの作業はこれで完成!うまく行けば上のような画像が保存できたはずです!

後はこれをCanvaで使うだけ!

Canvaに縁取り文字を載せる!

いよいよCanvaに縁取り文字を載せます!と言っても、画像として読み込んで、配置するだけです。超簡単。

適当にテンプレートを選んで…HAWAIIに行きたいのでハワイ系にしました。南国でゆったり過ごしたいですよね。実際は東北すら行ったことないんですけどね。

hawaii

プラスボタンを選択して、「画像」を選択!さっき作った画像を選びましょう!

そして超効率的に配置すると…(ブログのタイトルコールをはさみました。)

アイキャッチ画像が完成!デザインかっこいいでしょ。

超ハワイっぽくないですか?ハワイ行ったことないと絶対このハワイ感出せませんよね!でもそれを可能にするのがそう、CanvaとPhontoの組み合わせなんです。

実用化する上でやっておきたいこと

毎回透明な画像を用意するのは面倒くさい。なのでこのブログをブックマークしてRSS購読してほしい!と言いたいところなんですが。

なんとPhontoには前回の状態を復元する機能があるんです。

前回の状態を復元できてしまうPhonto

これさえ選んでしまえばいつでも縁取り文字を作成することが出来ます。

残念ながら開設したての当サイトをブックマーク&RSS購読する必要はなくなり、Phontoの有能さが際立つ結果となりました。

まとめ

  • 透明画像をダウンロードする。
  • Phontoで透明画像に縁取り文字を入れる。
  • Canvaで画像/ロゴとして利用する。

いかがでしたでしょうか。本当はCanva本家が対応してくれるのが一番喜ばしいことなのですが、それは無さそうですね。

今回の手法は、慣れてしまえば殆ど時間もかからずにオシャレなアイキャッチをデザイン出来ると思います。無料でここまで出来ていいのか不安になってしまいます。文字を一度画像化するので、サイズを好きなように変えられるのもメリットです。ぜひ一度使ってみてください。

まふとら
まふとら

Canvaの唯一の弱点も、この方法なら解決できますね!

無料画像加工アプリならCanva一択だと思う。

コメント