「ポイント活動/マインドフルネス/プログラミング」

訪問ありがとうございます。

「超効率的」なマニュアル風入門記事、まとめました。

準備中です!

【サイト高速化】PageSpeed Insightsとは?【方法と対策】

PageSpeedInsights

サイトの表示速度が気になる方向け。

>> 対策の為に必要な項目をまとめました。

当記事では、PageSpeed Insightsの詳細を紹介します。

Google PageSpeed Insightsとは?

表示速度を判定

Google社が提供する、サイト高速化のためのコンテンツです。

検索欄にページアドレスを入れると、

  • サイトコンテンツの表示速度
  • 最適化出来ていない画像の探索
  • 最適化出来ていないCSSやJavaScriptの探索

など、サイト高速化SEOに必要な情報を伝えてくれます。

まふとら
まふとら

サイト高速化は軽視されがちだけど、評価項目にはしっかり入ってる。

提供元がGoogleのPageSpeedInsightsはアテになる!

なぜ対策する必要があるの?方法は?

以前よりPCサイトの表示速度は、検索順位に影響を及ぼしてきました。しかし、モバイルページに関してはその制限は無く、何故かPCページの速度がモバイルページの検索順位に関わる状況となっていました。

そこで、2018年7月頃よりGoogleSpeedUpdateが施行され、モバイルページの表示速度も、GoogleBotに考慮されるようになりました。

ただし、検索順位に大きく影響するのは表示速度が「遅い」に判定されたページです。サイト所有者の方は、自分のページを評価してみてください。もし、遅いと判定されてしまった場合、丹精込めて書いた記事が埋もれてしまっている可能性があります。早急に対策しましょう。

>> こちらに対策の為に必要な項目をまとめました。

2018年11月のアップデートにて。

2018年11月に更にアップデートされたPageSpeed Insightsは、LightHouseと呼ばれるGoogle内製のツールをベースにするようになりました。

モバイルページの判定は、まさかの「3G回線」がベースとなっています。

既存のサイトは殆ど「遅い」認定されることとなり、早急な対策が求められます。

適切なユーザー体験を与えるサイトを目指そう。

サイトやコンテンツの表示速度を上げることはユーザー体験の向上に繋がります。直帰率の減少や滞在時間の上昇も見込めます。

CSSやJavaScriptの知識が無くてもページ表示を高速化出来る方法を以下にまとめています。お役立てください。

>> こちらに対策のために必要な項目をまとめました。

まふとら
まふとら
ページ読み込みは遅ければ遅いほど機会損失となります。

後回しにせず、対策を行いましょう。

コメント