「ポイント活動/マインドフルネス/プログラミング」

訪問ありがとうございます。

「超効率的」なマニュアル風入門記事、まとめました。

準備中です!

【最強アプリ5選】スマホでブログ記事を書く手順を暴露する。【完全無料】

ツール&マインド
この記事はWordPress向けですが、その他ブログサービス(はてなブログ等)をご利用中の方でも活用することが可能です。

どうも、まふとら(@maft7a)です。未だにフォロワー0人なんだが!?

さて、スマホでブログを書く、その事自体数年前では割と無謀な事でしたよね。ただ、最近のスマートフォンの大画面化に伴ってスマホでブログを書く事も物凄く容易になりました。ぶっちゃけ、スマホでも記事書けます。 手順別にまとめましたので、参照ください。

スマホで記事を書くメリット

PCでブログ記事を書くデメリット

  • 気合を入れて書き始めないといけない。
  • パソコンが開ける環境が必要。

スマホで記事を書くメリット

  • ブログが継続しやすい
  • 場所を選ばない

一番大きなデメリットが解決されたような…?

「いざ、スマホで記事を書く」アプリ5選

執筆: MWeb – Powerful Markdown App

MWeb - Powerful Markdown App

無料
(2018.11.20時点)
posted with ポチレバ

まずはブログ執筆。私は「MWeb」というエディタをオススメします。

「MWeb」にはMac用のエディタも存在しますが、iOSの方。とにかくオススメ。画面を見てもらえば分かる通り、まずスタイリッシュなんよ。

mwebでスタイリッシュにモブログ

「MWeb」のテーマを変更した状態。オシャレすぎ

mwebを使うメリット

テーマ設定が細かく出来るのもメリット!

インストール直後はこの状態になりませんが、「設定」画面から以上のように設定することでスタイリッシュに!

MWebを使うメリット

  • スタイリッシュブロガーになれる。
  • テーマが秀逸。
  • マークダウン記法で書きやすい。

画像加工: Adobe Spark Post

Adobe Spark Post

無料
(2018.11.20時点)
posted with ポチレバ

Adobe社が提供するAdobeSparkPost,デザイン能力は個人の才能に左右されるものの、画像のサイズ調整がかなり容易に出来ます。無料のアプリだと広告がうんざりするほど出るけど、これならそんなことはない。

画像をちょうどいい大きさにすぐ出来るってのがオススメポイント。画像加工は後述するCanvaでやったほうが良いかも。 以下でAdobeSparkPostについてまとめてます。

スマホ最強?AdobeSparkPostを使ってサムネ作成!
どうも、まふとら(@maft7a)です。いやあ、朝から皆元気だなあ...。朝の電車の中でこのハンズオン記事を書いています。さて、スマホでブログ記事を書くにあたって、最も困るのがサムネや写真加工だろうと思いますが、その悩みを大半解決してくれる

AdobeSparkPostを使うメリット

  • 画像や写真サイズの最適化が簡単
  • Adobe社アプリなりにキレイなデザインが豊富

アイキャッチ作成: Canva & Phonto

Canva - 画像加工 & デザイン

無料
(2018.11.20時点)
posted with ポチレバ

Phonto 写真文字入れ

無料
(2018.11.20時点)
posted with ポチレバ

こちらはかなりお世話になってる。今ではスマホでアイキャッチ作ったほうが綺麗に出来てしまう事も。

Canvaは有名で、Webサービス版もある。日本語版はKDDIが提供してるので信頼度は高い。そんなCanvaの弱点がiOS版では縁取り文字が生成出来ない事。アイキャッチ作るのに縁取り文字は必須。そんな問題をPhontoで解決したのが以下の記事。

【必見】Canvaで縁取りテキストを使ってアイキャッチ画像を作ろう!【デザイン】
普段からiOS版Canvaにはお世話になっています。iPhoneアプリの中で、初めてCanvaをインストールした時、使いやすさに呆然としました。「このアプリは他とは違う」そう思わせてくれる風格。無料でここまでイケんのかよ!このアプリがあれば

Canva&Phontoを使うメリット

  • スマホでキレイにアイキャッチが作れる。
  • Canvaは画像加工に最適で秀逸。

投稿: WordPress for iOS

WordPress

無料
(2018.11.20時点)
posted with ポチレバ

最後はやっぱりコレ。標準WordPressアプリ。

「MWeb」は、1080円払えば直接投稿出来るようになるけど、どうしても無料が良い!って人なら標準アプリを使う必要がある。実際、マークダウン記法を使わないのであれば、このアプリでも十分執筆可能。ただし、後述する方法を使えば完全無料でMwebを使いつつ記事投稿することも可能です。

実際に完全に無料で投稿する方法

少し手間になりますが、「MWeb」からWordPress標準アプリで完全無料で投稿出来る方法をまとめておきます。

前提: WordPress標準アプリにてログインを済ませてあること

実はMWebは、WordPressなど外部サイトへのエクスポートは有料なのですが、Googleフォトなどのフォトライブラリに関しては無料でもアップロードが可能となっています。なので、今回はその機能を使います。

1.「MWeb」設定からGoogleフォトとの連携設定を行う

MWeb完全無料設定

Googleフォトを登録する

2.「MWeb」記事画面右下、共有ボタンから「LOCAL IMAGES UPLOAD」

MWeb完全無料エディタ

「MWeb」記事右下の共有ボタンから。

スマホで記事投稿。

画像をアップロードしてCopyHTML

3.「MWeb」画像をUploadし、「Copy HTML」

wordpressスマホから記事投稿

HTMLモードに切り替え

4.「WordPressアプリ」記事投稿画面でメニューを開き、「HTMLモードに切り替え」

WordPressスマホ記事投稿完了

貼り付けて投稿するだけ。

5.記事内にコピーしたHTMLを貼り付けて投稿

以上の手順を踏むことで、完全無料の、超快適スマホエディタが爆誕します。やったぜ。

まとめ

アプリ最強5選

  • MWeb
  • Adobe Spark Post
  • Canva & Phonto
  • WordPress標準アプリ

以上5選でした。これで快適なスマホブログライフを送れるはず!?

まふとら
まふとら
上記構成で大体ブログを書いているけど、結構快適。 皆に勧めたいと思って書きました。使ってみてね!

コメント